泉州尺八工房

 

 

泉州尺八工房を愛用する尺八・演奏家


プロの尺八を聞く!
CDランキングBEST5!!

1:「遠TONE音」
2:遠TONE音「Warmth」
3:「虚空」-善養寺恵介
4:遠TONE音2nd
5:ESSENCE Again
6:酒が旨くなるモダン郷土民謡〜石川編(1

 

尺八 製作・販売・修理・各種調整
営業時間
9:00AM〜6:00PM

特定商取引法に基づく表記

 

 

泉州尺八工房
有限会社 テイク・ワン

©2007 TAKE1 ALL RIGHTS RESERVED.

泉州尺八工房へようこそ!

 これから尺八を始めようと思う方から、現役の一流尺八演奏家まで、多くの方が気軽に立ち寄れる、とってもフレンドリーな尺八工房です。

 プロの要望に応える、プロのための尺八を製造する工房としてスタートした泉州尺八工房は、現在多くの有名尺八演奏家の方々に御愛用していただいています。
 しかし本当は専門家だけではなく,初心者の方にも最初からプロ用尺八を使っていただきたいのです.実はそれが上達の早道でもあるのです。

 尺八は形だけなら誰でも簡単に作る事が出来ます。民族楽器ですから当然といえば当然です。しかし楽器としての尺八を作るにはそれなりに高度な技術を要求されます。形だけの尺八では上達は望めません、誰でも簡単にいい音が出せる、これがプロ用の尺八です。素晴らしい演奏をするためには、素晴らしい楽器が必要です。

泉州尺八工房は、世界最高の尺八を製作します。尺八製作だけでなく、
改造や修理もお引き受け致します。どうぞお気軽にご相談下さい
 工房代表:三塚幸彦

邦楽ジャーナルにて「三塚幸彦の目から鱗の尺八上達術」連載
「心をいやす名曲集」「心をいやす名曲集2」邦楽ジャーナルから発売中、模範演奏はもちろん三塚幸彦の尺八です。
(編曲:高橋久美子、箏:小野美穂子、三味線:山本普乃)


2019年 尺八の世界は変わる


謹賀新年

  【年始営業】 2019年1月7日(月)より


news演奏、レコーディングエンジニアとして参加したCDが芸術祭優秀賞受賞!


 工房代表・三塚が演奏、レコーディング・エンジニアとして、またスタッフも演奏者として参加したCD「Crossroads vol.3 作曲家 高橋久美子×尺八考 解体新譜」が、平成30年度(第73回)文化庁芸術祭賞レコード部門において優秀賞を受賞しました。
 [受賞理由]5曲の尺八作品を収録する本CDは、古典と現代、邦楽と洋楽という枠組を超えて、尺八の多様な表現力と可能性を追求する。独奏から五重奏にいたる5曲のそれぞれに独自の輝きがある。古典尺八の様式を研究し、その特徴を解体して新たな創造へと昇華させた作曲家のエネルギーと、流派の異なる10名の気鋭の尺八家が、高い技量と洞察力を駆使して演奏に挑んだエネルギーが融合して、深淵な響きを作り出した。
  平成30年度(第73回)文化庁芸術祭賞の決定について PDF
【Crossroads vol.3 作曲家 高橋久美子×尺八考 解体新譜】
@熔 〜独奏尺八のための〜(2016) 善養寺惠介
A阿字考(あじこう)(2017) 藤原道山
B尺八五重奏曲 輪-RIN-(2010) 三塚幸彦/大河内淳矢/佐田奏生/豊嶋貞雄/松下尚暉
C連管 離礁(2017) 田辺頌山/田辺洌山
D氷霜 〜独奏尺八のための〜(2015) 柿堺 香
  Producer:高橋久美子/Director:織田麻有佐/Recording Engineer・Mastering:三塚幸彦/他

  CDのお求めは、https://hj-how.com/SHOP/2631.html


news 新製品 オリジナルタイプB登場!


 歌口は三塚幸彦が開発したデザインを採用、楽器終端はホーン状に開口され筒音のスムーズな立ち上がりを可能にし、音の強弱に左右されない音程の安定感を作り出します。
 全長はオリジナルタイプ(typeA)と同じ、指孔は従来の一般的な尺八の直径と位置に近づけたタイプです。気軽に泉州尺八工房のオリジナルタイプを楽しむことが出来ます。価格28万円(税別)


news 泉州尺八工房の日常をご紹介します。


introduction Introduction of Senshu Shakuhachi Factory
スライドショーで、工房の日常をご覧ください。

写真家・松谷靖之氏が撮ってくれた素敵な写真です。
音楽は、遠TONE音「ぬくもり」(三塚幸彦 作曲)です。


尺八の選び方 "知っている人はここを見る!
"

1・初心者のための、【良い尺八と悪い尺八】 間違いだらけの尺八選び

2・さらに詳しく【泉州尺八工房は何故"鳴る"のか】(上級者向け)

失敗しない尺八の選び方を、多くの名器を生み出し続けるミツカが、メーカーの立場を離れて客観的に解説します。



定休日:土曜
電話:03−3480−2194 営業時間 9:00a.m.〜6:00p.m.