泉州尺八工房






menu

 

尺八 製作・販売・修理・各種調整
営業時間
9:00AM〜6:00PM

特定商取引法に基づく表記

 

 

泉州尺八工房
有限会社 テイク・ワン

©2007 TAKE1 ALL RIGHTS RESERVED.

歌口研究 3

歌口とその他の部位との関係について。

司会: たまに歌口を修正してほしいという注文なのに指穴を移動していることがありますが、これはどういうことだったのでしょうか?
三塚: それでは尺八の基本的な構え方について検討してみましょうか?まず尺八は通常右手ですが、下管を持つ手の親指と中指だけで支えます。このとき指穴を真正面に持って行きますが、「違和感無く真正面に構えられるかどうか?」そして、指孔を真正面に持っていったときに歌口の切り口が水平になっているか?」この2点が重要なんです。
司会: 指穴を真正面に持って行くということは歌口の切り口が水平になるということですよね?
三塚: そうありたいものなんですが、図1のような尺八が結構多いんですよ。手孔のならびに対して歌口が傾いていますから手孔を真正面に向けて「正しく」構えると歌口は傾いてしまいます。
ひどいものでは中心線そのものが斜めになっているものもあるんです(図2)。先ほどの歌口修理のはずが手穴を移動していたというのはこの場合ですね。これでは「正しい持ち方を」等と言われても、どこを基準にすればいいのか全く分からないですね。
司会: なるほど、どれかを正しくすると他は全て正しくないわけですね。ところで先ほどもう一つ「違和感無く構えられるか?」ということも言っておられましたが?
三塚: 結局全て関連しているんですけど、図3の様な形状の場合指穴を正面に持って行くと親指の
当たる箇所の形状の関係で右の肘が上がってしまう様な感覚を受けます。逆に自然にかまえようとすると今度は右に回転する力が働きます、こういった違和感は無いか?ということなんですが、意外に気づかないようなんですね。
鏡を見ながら一生懸命直すのですが演奏中に次第に曲がってしまうという人は自分の責任だけではない「何か」原因があると思った方がいいですね。
司会: このような尺八はどうするんですか?
三塚: よくやるのは裏の親指が当たるところを水平に削るんです、親指の位置がしっかり決まるので結構使いやすいですよ。
本当はここに例に挙げたような材料は使わない方がいいんですよ、そういった材料は「はね材」としてお蔵入りになるのですが、その材料を安く譲り受けて安価な尺八を大量生産する業者もあります。また趣味の工作としての尺八製作用に回ってしまうこともあるようです。 いずれも資源の有効利用としては意味あることなのですが、レベル向上という点においては効力を発揮してくれませんね。
最後にお願いのようなことなのですが、こういった修理を「断られた」ということをよく聞くのですが、尺八を作る人は是非演奏者の、というより愛好家の悩みを聞いてほしいと思います。

 

図1
図2
図3
指孔の配列と歌口の位置の関係がずれている例 指孔が右から左(左から右に)にずれながら配列されている例 竹の形状によっては楽器を支えようとすると回転する。この場合には右に回転する力が働く。
     

 

 

 

歌口研究2へ << Back Next >> 歌口研究TOP